もーとしだぁ.com 

40代を楽しく生きるために!

人生の負け組ですが、その負けは成長の糧になった

f:id:motoshidaa:20160624125233j:image

こんにちは!(いまだに)独身ブロガーのみっちーです。

 

このブログに、私の自己紹介があります。書いていた時、過去のいろいろなことを思い出してしまって、少し悲しくなってしまいました。

 

そこには書かなかったんですが、私の人生負けっぱなしなんです。

 

なにしろ40歳過ぎて結婚の経験もない独身中年ですからね・・・(´・ω・`)

 

でも、ダメダメな人生を送ってきた私ですが、それはそれでよかったと今は思っています。

 

今回はそんな私の、ダメな恋愛経験を書きながら、現在の心境を吐露していきます。

 

 

今振り返ってみると、結婚する可能性が高かった女性は3人くらいだったと思います。

 

 

1人目 大学院生のとき

 

彼女は働いていました。私は金のない学生。男が金がないっていうのはよくあるパターンです。

 

当時の私は今よりもダメダメ男で、何でも彼女にお願いしていました。

 

例えば、毎日職場からモーニングコールをしてもらったり、お弁当をつくってもらったり、お掃除してもらったり・・・、

 

数え上げたらキリがありません。何かしてもらったというよりは、迷惑かけていたというのが本当のところかな。

 

それでも彼女は全く文句を言わず、というかむしろ楽しんでくれていて、まるで女神様のような存在でした。

 

それでも、若かりし私は彼女を捨てて、バイト先の別の女性に走ってしまったのでした。ホントに最低ですね。

 

全く非の打ち所がない女性で、彼女と結婚していればおそらくずーっとうまくやっていけたにちがいありません。

 

ホントに申し訳なかったと思います。

 

でも、あの頃の私は、そんな自分のダメぶりには気づいていませんでした。

 

 

 人目 バリバリ働いていた30代前半の頃

 

塾の先生時代、彼女は看護師さんでした。当時はすごくうまくいっていたような気がしていました。おそらく、最初のほうは彼女も文句がなかったはずです。

 

5年ほどつきあって、喧嘩したことは1回もなかったです。だからいつか結婚するだろうと思っていました。

 

しかし、結局フラレちゃいました。

 

前の彼女に対しての接し方と、この彼女に対しての接し方は基本的には同じでした。つまりダメ男のまま。そんな男と5年もつきあったら、そりゃ、愛想つかされちゃいますよね。

 

ダメ男な上に、何でも彼女任せでした。どこで遊ぶか、どこで食べるか、全部決めてもらって、私はただそれに合わせるだけ。いま思うとつまらない男でしたね。

 

別れ話のときに、かなりダメ出しをされました。5年間たまっていた思いを一気に出したような感じです。

 

もちろんかなりのショックでした。別れた理由は彼女に他の男ができたからで、裏切られた気持ちが少しはありました。でも、それよりも「そんなふうに思われていたなんて」という気持ちのほうがかなり大きかったです。

 

この時の彼女と別れてからは、ずっと反省の日々が続きました。

 

 

三人目 塾の先生時代の後半

 

正直、この時つきあっていた人とは結婚すると思っていました。実際に、結婚する話をしていたからです。

 

別れた直接原因は、私の転職にあると思っています。学習塾で正社員として働いていた私は、会社がいやでそこを辞めました。そして不安定な身分になったのです。

 

安いアパートに引っ越し、乗っていた車も廃車にし、かなりの節約生活を始めました。それを見て、彼女は将来に不安をおぼえたのでしょう。

 

実は、この頃、自分の学習塾をつくろうと思っていました。そのためにセミナーに参加したりコーチングを受けたり、将来こうしようと人生設計をしていました。

 

この少子化のなか、学習塾なんてうまくいくかどうかわかりません。でもやる気満々でした。絶対うまくいくって思っていました。

 

ところが、彼女にとっては不安だったんでしょうね。もっと安定した生活を求めていたにちがいありません。

 

別れ話は「もう会えない、さようなら」、これだけでした。

 

別れるまでお互いに不満を言い合うことなんてありませんでした。だから、別れ話が出た時も、結局、彼女からは、私の不満な点を聞くこともなく終わってしまいました。

 

この時思ったのは、「自分のやりたいことばかりで彼女の気持ちを考えていなかったなぁ」ということです。やはり、パートナーがいるとやりたいことをやるのも難しいですね。

 

 

 

そして今、ひとり・・・

 

その後の私は、特定の彼女をつくっていません。

 

婚活もしていませんし、街コンみたいなイベントにも行っていません。彼女をつくるための特別な活動は一切していません。

 

もし、気が合う人があらわれて、その人と仲良くなったらつきあう可能性もありますが、「彼女をつくるのが目的」で活動することは一切しないでしょう。

 

それでいいと思っています。

 

 

そして、恋愛に関しては負け続けていますが、逆にこれでよかったです。

 

なぜなら、負けたからこそ今の私ができたからです。

 

フラれてダメ出しをされたり、反省したりしながら、私は自分のダメな部分に気づきました。

 

もちろん今だってダメな部分がたくさんあって、ホントひどいんですが、少なくとも昔の最低人間だった頃よりはマシになりました。

 

もし、大学院生の頃つきあっていた彼女と結婚したら、今の歳になるまでダメダメ人間で彼女に苦労ばかりかけていたかもしれません。

 

ダメな部分に気づいたからこそ、人間的に成長できたのです。

 

まさに近藤真彦の「ふられてBANZAI」ですね(笑)

BANZAI BANZAI  

あー、ふられてふられて

チェチェチェチェッ

近藤真彦ふられてBANZAI」より)

 

 ふるいー(笑)

 

でも、何人かの女性とおつきあいして、そしてふられてダメ出しをされて、今の私がつくられたかと思うと、フラれてよかったなぁと思えます。

 

負け組こそ味わえる、この成長感。

 

もちろん負けて落ち込んでいるだけではダメですよ。負けから学んでこそ大きく前に進めるのです。

 

こういうの恋愛だけじゃなく、人生においてもとても大事ですね!

 

自分の負の経験は後に大きな成長の糧になるので大切にしていきたいものです。

 

負けてこそ成長できるのだ!