もーとしだぁ.com 

40代を楽しく生きるために!

「相手に対してプラスの痕跡を残す」ように心がけるということ

f:id:motoshidaa:20161020094453j:image

こんにちは!みっちーです。
 
冒頭の画像は、私が愛用しているモレスキンのノートで、ここに日々の学びを書くようにしています。
 
内容は、読書して学んだこと、名言、インターネットから得たことなど様々。
 
1日の終わりに日記を書き、その後にこのノートに学びを記します。
 
せっかく学んだことなので、頻繁に見直すようにしています。
 
その中でも特に大事な学びだと思っているのが、今日のタイトル
 
相手に対してプラスの痕跡を残す
 
ということなのです。
 
人と関わっていて、自分が相手にとってどんな存在なのか?
 
それははっきり言ってわかりません。
 
大切な人
話を聞いてくれる人
アドバイスをくれる人
癒しの人
 
こんな感じの人だったらいいですね。
 
でも、もしかしたら
 
ウザい人
めんどくさい人
生理的に受付けない人
 
かもしれません。
 
自分がどう見えるかというのは本当にわからないのですが、しかし、人の目ばかりを気にして生きていくのもバカらしいもの。
 
やはり自分らしく、自分の生き方をしていきたいところです。
 
ただ、そうであっても、
 
「相手に対してプラスの痕跡を残すこと」はとても重要なことです。
 
このことば、メルマガ「平成進化論」でたびたび鮒谷周史さんが述べているものです。
 
人と接していくにあたって、どう関わっていくか?
 
気分を悪くさせたい?
もう会いたくないと思わせたい?
 
できれば、自分と会うことで気分がよくなってもらいたいです。
 
みっちーと会ってなんかすっきりした!
みっちーに癒された!
 
などと思われたら飛び上がりたい喜びを抱くでしょう。
 
みっちーに助けられた!
みっちーから学びを得た!
みっちーのおかげで生き方変わった!
 
なんて思われるなとはまだまだありませんが、そんなふうに思われたら最高ですよね!
 
そんなふうに、関わった人に対してプラスの痕跡が残せたら、自分の生き方もどんどん変わっていきそうですね。
 
私は何度も何度も、鮒谷さんのメルマガでこのことばを見ているので、今となっては自分の「生き方の指針」となっています。
 
今後も関わる人に対してプラスの痕跡が残るような言動をとっていくよう心がけていきます!