もーとしだぁ.com 

40代を楽しく生きるために!

映画「SCOOP!」の福山雅治は下品だけどかっこよかった!

f:id:motoshidaa:20161008095021j:image

こんにちは!みっちーです(^^)

 
映画観てきました。福山雅治さんの「SCOOP!」です。
 
(以下、映画を先入観なしで見たい人は読まないでください)
 
 
福山さんは同世代だけに気になる存在です。なんであんなにかっこいいんでしょうね。正直ちょっとあやかりたいなぁなんて思っています。
 
 
ただ、この映画は賛否両論らしい。

 

www.excite.co.jp

この記事なんて福山さんのこと「凋落」って言ってるが、まあ、こんな記事どうでもいいです。

 

eiga.com

 こちらは映画com。評価は平均3.7なので悪くはないですね。今回この作品を観るにあたって、映画館で見た予告以外の知識は入れないで行きました。

 

予告を見た時は「この映画、絶対おもしろいだろう」と思いました。

 

お昼の12:05のチケットを取り、館内で始まるのを待っていると、始まりました。

 

ん?

 

え?

 

いきなりあえぎ声?

 

画面はまだ何も映さず・・・、

 

ようやく画面が見えてくると、男女の絡み。しかも車の中。

 

そして、それが終わって、男を見ると、なんと福山じゃあ、ありませんか!

 

まじか!?

開始数秒後の感想はそれでした。

 

この映画の冒頭が象徴するように、この作品の福山はとても下品です。下ネタだらけだし、すぐに風俗に行きたがるし、女の体は触るし。

 

全くかっこいい要素はありません。

 

もし私がこの映画の福山のようだったら嫌われるだろうなぁ。

 

でも、なんかかっこよかった。

 

多分、あの目なんだろうなぁ。福山って目が光ってるんですよね。この作品のようにどんなに落ちぶれてても、目が死んでない。

 

この作品で福山のちがう一面が見られてよかったです。

 

ところで、気になる内容のほうですが、単純におもしろかったです。個人的には、その展開はやめてくれと思ったけれど、途中ひとりでうるうるしてました。

 

トーリーはこんな感じ。

数々の伝説的スクープをモノにしてきたカメラマンの都城静(福山雅治)は、輝かしい業績も過去のものとなり、今は芸能スキャンダル専門の中年パパラッチとして、借金や酒にまみれた自堕落な生活を送っていた。そんなある時、ひょんなことから写真週刊誌「SCOOP!」の新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とコンビを組むことになり、日本中が注目する大事件に巻き込まれていく。(映画.comより)

 

福山の役は芸能人のケツを追いかけ回す中年パパラッチ。昔は輝かしい業績があったものの、今は落ちぶれているという役です。

 

そしてある時、新人記者と組むことになり、その後はスクープを連続していくという流れ。

 

こういうストーリーはありがちです。しかしギャグ路線で行くのかなぁと思ったら、けっこうそうでもなかった。

 

トーリーとしてはありかな。でも個人的には好みではなかった。

(作品自体はおもしろいです)

 

中身については映画館で楽しんで来てください。

 

今回は、やっぱり福山の新しい面が見られてよかったかな。かっこいい男は何やってもかっこいい。

 

福山のような男を目指すべきですね。

(作品中の都城静ではありません)

 

では、福山雅治のような男になるべく、本日もがんばってまいります。

 

(無理だー笑)