もーとしだぁ.com 

40代を楽しく生きるために!

はあちゅうさん『半径5メートルの野望』は、やる気や元気をくれる本だ!(№81)

f:id:motoshidaa:20160904101316j:image 
こんにちは!みっちーです(^o^)/

今日は、はあちゅうさんの本がよかったって話です。よろしくお願いしますm(_ _)m


先日、はあちゅうさん著『半径5メートルの野望 完全版』を読み終えました。40代男性の私ですが、彼女からかなりの元気をいただきました。
 
もともと、私ははあちゅうさんの文章が大好きなんですが、なぜでしょうね?
 
はあちゅうさんの文章を読んでいると、「え、そんなこと言っちゃうの?」ということばがたびたび出てきます。見た目コンプレックスの話やひどい中傷を受けたときの話など、マイナス情報は隠しておいてもよさそうです。
 
あるいはマイナス情報をもっと美化して言ってもよさそうなものです。
 
しかし、はあちゅうさんは、その時の様子をつつみ隠さず話したうえで、本音をぶちまけたのです。
 
小物たちは私にせっせと「悪口」という燃料を毎日くべてくれているので、自分の時間をたくさん使って、私を動かす原動力になってくれてありがとう

 

中傷してくるものを「小物扱い」です。ふつうの有名人だったらさすがにちょっと言えないでしょう。一般人を「小物」ですから。

 

でも、はあちゅうさんは思ったことをストレートに表現するのです。そこが私は好きなんです。

 

 

☆☆☆

 

『半径5メートルの野望』には、はあちゅうさんから発せられたさまざまなことばが散りばめられています。そのことばたちは、読んでいる人に元気を与えてくれます。

 

そもそも、この本は

「これまでに叶えた夢」よりも「これから叶えたい夢」のほうが多いからこそ、同じように頑張る人、頑張りたい人へ、同じ目線で提案ができると思い、この本の執筆を決めました。

(『半径5メートルの野望』「はじめに」より

とあるように、「頑張る人」のために書かれたものです。はあちゅうさんが、「私もがんばるから、みんながんばろうね」というスタンスで書いたようです。

 

だから、元気のない人、やる気がいまいちの人、なかなか前に進めない人、くすぶっている人などが読むと衝撃を受けてしまいます。


「なるほどー、ここはこう考えればいいのか」

「前に進まなきゃ」

というように。


もちろん私もそのうちの1人で、たくさん衝撃を受けました。

 

たとえば

負を燃料(エネルギー)に変える
 
という章があります。


はあちゅうは自分の見た目にコンプレックスを持っていました。「日本一のブスの称号」を得たこともあるそうです。私には計り知れないほどの大打撃でしょう。

でも、そんな負の出来事をきちんと乗り越えたのでした。
これをネタにできるようになったら 、この大きなマイナス経験だって 、プラスに変えられる 

そう考えることによってはあちゅうさんは強くなっていったのでした。


また、私が好きなフレーズはこれです。 

人生を最高傑作に変える
 

1度しかない人生。そして人生を作っているのは自分。

予定外のことはたくさんありますが、全て自分次第で人生は決まっていきます。

だからこそ、自分の人生を「最高傑作」にするべきです。

このために大事なこととしていくつか書かれていますが、
予定が一日をつくり 、その積み重ねが私の人生になるわけだから 、予定を立てることは 、人生を決める一大事だと思うのです
時には無理をしないと 、自分自身が成長しないし 、大きく伸びる時には 、成長痛だって起こると思うからです 。
の部分などは、改めて自分に必要だと思いました。

また、特に刺さった言葉は
向上心や夢がない生き方なんて 、ただ 、死ぬまでの時間をつぶしているだけ
です。

自分磨きをライフワークとしているはあちゅうさんの言葉だから重いです。

夢を持ち、夢に向かって常に自分の能力を高めることを決意しました!


もっともっとたくさん衝撃を受けた部分はあるんですが、詳しくは『半径5メートルの野望』をお読みください。

私はこの本に出会えてよかったです。