もーとしだぁ.com 

40代を楽しく生きるために!

伊東静雄「夏の終わり」という詩がとてもキレイだ

 f:id:motoshidaa:20160827010444j:image

夏らしく暑い日。空は真っ青ですねぇ。

 

そのおかげで空がこんなにきれいだということに気づいてしまいました!

 

ラッキー!

 

空を見ながら歩いていたら、この伊東静雄の詩を思い出したので、シェアしますね。

 

詩のタイトルは「夏の終わり」です。

 

 

夏の終わり

 

夜来の台風にひとりはぐれた白い雲が

気のとほくなるほど澄みに澄んだ

かぐはしい大気の空をながれてゆく

太陽の燃えかがやく野の景観に

それがおほきく落す静かな翳は

……さよなら……さやうなら……

……さよなら……さやうなら……

いちいちさう頷く眼差のやうに

一筋ひかる街道をよこぎり

あざやかな暗緑の水田の面を移り

ちひさく動く行人をおひ越して

しづかにしづかに村落の屋根屋根や

樹上にかげり

……さよなら……さやうなら……

……さよなら……さやうなら……

ずつとこの会釈をつづけながら

やがて優しくわが視野から遠ざかる 

 

(一部わかりやすい表現に変えてあります)

 

台風一過の青空、雲が浮かんでいます。こういう時の空ってとてもキレイですよね。雲もなにやら光っている感じです。

 

その雲が風に流されている風景です。

 

下に目線を移すと、その雲の影が

 

街道を横切り

 

水田の上を通り

 

道行く人を抜かしていき

 

そして、家の屋根や樹木の上を行くのです。

 

 

みんなの前を通り過ぎて行く雲を、詩人は「雲がさよならを言っている」と見ています。

 

「……さよなら……さやうなら……」

 

と。

 

確かに視点を変えて雲目線で見てみると、空の上をゆっくりと移動しているように感じます。

 

上から街道、水田、屋根、樹木を見下ろしながら、「さよなら」を言っているんですね。軽く会釈をしながら。

 

最後、詩人は

「やがて優しくわが視野から遠ざかる 」

と、この詩を締めます。

 

「夏の終わり」というタイトルから、もしかしたら、夏の雲が去っていく様子だったのかもしれません。

 

それにしても、風に流されている雲を、こんなにも生き生きと表現した詩人は、そうはいないと思います。

 

私はこの詩を読んだ時、雲が生きているかのような錯覚をしてしまいました。

 

詩人の見る雲と、私が見る雲はまるでちがっていたようです。

 

詩人にかかると何の変哲のない雲にも生命が与えられるんですね。

 

伊東静雄は本当に素晴らしい詩人だと思います。

 

みなさんも空に流れている雲を見たら、伊東静雄のこの詩を思い出して見てください!