もーとしだぁ.com 

40代を楽しく生きるために!

永守重信氏の「すぐやる、必らずやる、できるまでやる」を心の中に刷り込ませておこう(№49)

f:id:motoshidaa:20160809143631j:plain

こんにちは!みっちーです(^_^)

 

ちょっと毛深くなってしまい申し訳ありせん。

すぐに脱毛します!(笑)

 

なんでもすぐにやることが大事!

 

では、本日のブログをお送りいたします。よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

☆☆☆

 

私には「先送りする」というダメなクセがあります。

 

そのせいで、気がつけば机の上もぐちゃぐちゃ、部屋もめちゃめちゃ。何がどこにあるのやらさっぱりわかりせん。

 

毎日家に帰ってきたらやりたいこともあるのに、「後でやろう」と思って結局できないこともしばしばです。

 

もう、うんざりしちゃいます。

 

このままじゃいけないと思い、いろいろ本を読んでこんな自分を改善しようとしました。

 

 たとえば古くはこんな本がありました。

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 (PHP文庫)

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 (PHP文庫)

 

 この本、「すぐやる」ということがキーワードになっています。

 

 

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

 

 最近ではこのような本も出ています。やはり「すぐやる」は多くの人にとって共通のテーマなんですね。

 

ちなみに「すぐやる」をググってみるとたくさんの「すぐやる本」が出てきます。

 

いかにみんな「すぐやる」ができていないのかが予想できます。

 

 

月刊誌『プレジデント』の先月号もテーマが「すぐやる人、グズな人」でした。

PRESIDENT (プレジデント) 2016年 8/15号 [雑誌]

PRESIDENT (プレジデント) 2016年 8/15号 [雑誌]

 

 

この中にはいろいろ参考になることが書いてありました。なかでも特に印象に残ったのが、日本電産会長兼社長である永守重信氏の話です。

 

日本電産には「三大精神」というのがあるそうですが、そのうちのひとつが

すぐやる、必らずやる、できるまでやる

です。

 

とてもシンプル。でも、確かにこれを実践していけばもっと時間の使い方がうまくなり、実行力もつくと思いました。

 

面白いエピソードとして、日本電産の就職試験の話がありました。昼食を早く食べ終わった順に33人採用したという「早飯試験」の話です。それくらい永守氏はスピード重視しているのです。

 

まあ、「早飯試験」はやりすぎかなぁと思いますが、「すぐやる」はとても重要なことです。だいたい仕事がおそい人というのは、とりかかりがおそいです。意思決定に時間がかかりすぎているのです。

 

だから、何かやることがあったらすぐやればよいのです。すぐやればすぐ終わるということです。これで先送り癖が減ります。このためには「すぐやる」ということばを自分の中に刷り込んでいくしかありません。

 

とは言え、なかなか難しいですねぇ・・・。

 

だから、

 

すぐやる、すぐやる、すぐやる・・・

 

これを口癖にしていこうと思います。

 

それから大事なのは「必らずやる」「できるまでやる」ということです。すぐにやっても途中で終わってしまってはしょうがありません。とにかく実行が大事です。

 

☆☆☆

 

先送り癖がついてしまった私。これをどうにか直して実行力を見につけていきたいところです。

 

それには「すぐやる、必らずやる、できるまでやる」を自分の中に浸透させるのがいいようです。

 

しばらくは、このことばを頭の中に刷り込む努力をしていこうと思います。

 

※本文中、「必らず」の送り仮名は、『プレジデント』に表記してあったままにしてあります。