もーとしだぁ.com 

40代を楽しく生きるために!

コンプレックスは人を伸ばす大きな力だ!

f:id:motoshidaa:20160718084939j:image

どーもー!ヤングみっちーです(*´∀`)ノ 

 
この頃から短足でした(´;ω;`)
 
短足な自分がイヤでした・・・
 
 
それで今は努力して、自分の足を自由自在に伸ばすことができるようになり・・・
 
・・・ません(笑)
 
そんなことできたらいいですね!
それはもう夢を超えて妄想です(^ω^;);););)
 
では、本日のブログをお送り致します!
 
 
☆☆☆

 

 

私はもともと人と話すのが苦手です。

 

まず、人見知り。初対面の人と何を話していいのかわかりません。

 

だから昔は合コンなんかに行くと一人ポツンとしていました。合コンは嫌いです。

 

だってなんて言っていいかわからないじゃん。

 

「ご趣味は?」

とか言うの?

 

「好きな食べ物は?」

「好きな本は?」

「好きな音楽は?」

とか聞けばいいの?

 

「私はリアーナが好き」

などと答えられたら、次になんと言っていいかわからない。

 

間が持たないよー

 

で、もっと年齢を重ねればこの口下手も直るのかなぁと思っていたら結局このままでした。

 

そこで買ったのが安田正さんの『超一流の雑談力』

 

超一流の雑談力

超一流の雑談力

 

 

これを読んで、口下手が直ったわけではありません。だから私と会う方は期待していてください。

 

き、きっとおもしろいトークが、で、で、できるはじゅです~(笑)

 

 

☆☆☆

 

 

で、今日言いたかったのは、「オレは雑談が得意になる」という決意ではありません。先の『超一流の雑談力』の中で、励みになることばあったので、そのご紹介です。

 

自分のことを「人見知りだ」と思っている人は、コミュニケーションに高い理想を持っている人です。「自分のコミュニケーション力はまだまだ」と感じてしまうから、人見知りだと思わずにいられないのです。

 

このコンプレックスこそ、人を伸ばすとても大きな力になります。

 

コンプレックスを解消しようと努力を重ねていくことで、だんだんと実力や実績がついていきます。 

 

なるほど~!

 

たしかにそうですよね。「オレは◯◯が苦手だ」と思ったらそれを解消するための努力が必要です。おそらく「◯◯が得意」な人よりも苦手な人のほうが努力をするでしょう。

 

私は小さいころからスポーツが苦手でした。鉄棒で逆上がりができなくて一生懸命練習したおぼえがあります。水泳も苦手なので水泳教室に通っていました。

 

苦手だからこそがんばれるんですよね。

 

高校生の頃はバスケット部でした。主力選手の大量離脱という事件があり、人数がいないため私がスタメンになってしまいました。全然うまくないのに。

 

そこで、まずは体力をつけようと思い、部活が始まる前に3km走ることにしました。毎日走っていたので、かなり体力には自信がつきました。

 

これも私には全然体力がないという意識がそうさせたのだと思います。

 

この苦手意識というのはコンプレックスと言い換えてもいいと思います。このコンプレックスこそが私の原動力になったのです。

 

 

☆☆☆

 

 

もちろん、「自分はダメだ」と思ってるばかりではダメです。そこに「自分を変えよう」という意志があって初めてそれが力になります。

 

最近の私のコンプレックスといえば中年腹です。このポッコリ腹は30歳手前に完成してしまいました。

 

やっぱりかっこ悪いなぁと思ったのが40代になってからです。いまさらなんですけどね

 

そこで、筋トレを始めました。まだ体重はもとのまま。ウエストも全然細くなっていません。

 

さらに、1ヶ月前からウォーキングを始めることにしました。だいたい2.5kmを25~30分くらいかけて歩きます。

(やり方は置いといて、とりあえず歩くことにしました)

 

食事も気をつけることにしました。暴飲暴食をやめ、スイーツも以前より控えることにしました。

(私のブログにスイーツが登場しなくなったのはそういうわけです)

 

そうしたらやっとで効果が出てきて体重やウエストが減ってきました。もちろんまだまだですが、効果が出始めたのはすごいことです。

 

「中年腹」というコンプレックスが私を動かしたのでした。このコンプレックスがなければ私はこんなにがんばらなかったでしょう。

 

 

☆☆☆

 

 

コンプレックスを感じることは誰でもあると思います。

 

しかし、それは原動力になります。

 

まちがいなく、そのコンプレックスをなんとかしようという気持ちが高まります。

 

だから

 

コンプレックスをマイナスと捉えないで、自分を伸ばす力だと思うこと

 

が大切です。

 

私もコンプレックスバネにして、いろいろ力をつけていこうと思います。