もーとしだぁ.com 

40代を楽しく生きるために!

すべては「自信を持つこと」から始まる

最近、気をつけていることというか、心がけていることに「自信を持つこと」というのがあります。

 

以前の私は、「自信」とは無縁の男でした。

 

女の子に持てない

かっこよくない

金もない

学歴もない

頭もよくない

不器用でなにをやってもうまくいかない

 

 

そんな自分に自信を持てというほうが無理だと思っていました。もともとネガティブ人間だったせいもあります。

 

 

「どうせ、おれは何をやってもダメだぁ」と心の底で、いつも思っていました。

 

でも、今考えると、それが何事もうまくいかなかった原因なんでしょう。

 

 

☆☆☆

 

 

数年前、コーチングを受けていたときに、プロコーチの方から「自分をもっと好きになったほうがよい」と言われました。ダメダメ人間だった私は自分のことが大嫌いだったのです。

 

そこでまず始めたのが「自分を褒めること」

 

私は毎日日記を書いているのですが、ほんの少しのことでも、いいことをしたら日記に書くことにしました。

 

「読書を30分した」

「◯◯をたくさん売った」

「◯◯に缶コーヒーをおごった」

など、ほんとにちっちゃなことです。

 

それでも、こうやっ自分のいいところを書いていくとだんだん自己肯定感が強くなっていくみたいです。

 

次第に自分のことが嫌いではなくなってきました。

 

もちろん、今でも自分のことが好きだとは思えないのですが、少なくとも自分を嫌悪することがなくなりました。そのせいで、必要以上に自分自身を責めることもなくなりました。

 

 

☆☆☆

 

 

今は次の段階に入ろうとしています。それは先ほど述べた「自分に自信を持つこと」です。

 

なぜ、そんなことを思ったかというと、「自信」のパワーのすごさを感じたからです。

 

販売の仕事をしていて、だんだん売上があがっていくと「おれ、もしかしたらすごいかも」と思い、積極的に売るようになっていきます。たぶん「おれすごいかも」とは意識はしていないのですが、無意識のうちにそう感じているようです。

 

小さな売上の積み重ねが自分の自信になっていったのです。

 

また、以前は外国人に話しかけられるとおどおどしていました。英語なんて話せないからどうやってコミュニケーションとればいいかわかりません。

 

いまだに中学2年生程度の英語力しかないのですが、最近はそれを駆使して外国の方と英語で会話をしています。

 

先日、銀座をぶらぶらしてたら、外国人に「駅はどこでしょうか」というようなこと英語で尋ねられたりしましたが、笑顔で対応できました。もちろん仕事ではなくプライベートな話です。

 

英語ができる人にとっては当たり前ですが、ロクに英語も勉強しなかった私にとっては快挙です。

 

販売力も英語力も、私の実力自体はそれほど高くなっていません。

(経験によって多少はアップしたかもしれませんが)

 

でも、実力以上の力を発揮できるのは「自信」のおかげなのです。

 

 

何かのアイデアを出すときも「自信」が必要になります。

 

「これできるかも」とひらめいたときに、自信のない人は「できないかもなぁ」とちょっと考えてしまいます。

 

いや、それ以前に、どんなアイデアもひらめいた瞬間に「無理」と否定してしまうでしょう。

 

イデアを形にするにも「自信」が大切なのです。

 

 

☆☆☆

 

 

いま、確実に言えることは、すべては「自信を持つこと」から始まるということです。

 

だから、今後の私の課題としては

 

つねに「自信」を持ち、それを保つ方法を考えること

 

になりそうです。

 

 

今の私ならきっとそれができるでしょう!←自信満々