もーとしだぁ.com 

40代を楽しく生きるために!

ワンピースの「覇王色の覇気」のように「みっちー色の覇気」もあったらいいな!

f:id:motoshidaa:20160704114043j:image

こんにちは!みっちー色の覇気を纏ったみっちーです。
 
新幹線の窓に映ったみっちーの姿を載せてみました。ちょっとは男前ですかね!?(笑)
 
どうでもいいって!?
 
では、今回のブログをどうぞ!
 
 
☆☆☆
 
 
以前、「みっちー日記3」でこんなことを書きました。

motoshidaa.hatenadiary.jp

 

職場で「覇気がない」と言われ、「ありますよ、覇王色の覇気が」と答えたという話です。

 

元気を出して臨むべきときに元気がない場合、よく「覇気がない」と言われます。先日も、仕事中に元気がなかったみたいで言われてしまいました。反省しなきゃね・・・。

 

ところで「覇王色の覇気」ですが、これはマンガ「ONE PIECE」に出てくる用語です。

 

まず「覇気」ということばをWikipediaで見てみると

全世界の全ての人間に潜在する「意志の力」。「気配」「気合」「威圧」「殺気」「闘争心」などの感覚と同じである。ただし、この力を習得するのは容易ではなく、基本的には長期の鍛錬により力を引き出す必要があるが、生まれつき持っているという例もあり、戦いの中で覚醒することもある。実戦レベルで覇気を使いこなせる者は「覇気使い」と呼ばれる。

ONE PIECEの用語一覧 - Wikipedia」より

 と書いてあります。

 

「気配」「気合」「威圧」「殺気」「闘争心」などのように、それ自体は見えないオーラのようなものです。

 

そして「ONE PIECE」の中においては、「覇気」の中にも種類があり、その中で「覇王色の覇気」というのがあります。

数百万人に一人しか身につけることができない、特殊な覇気。全身から発する威圧や殺気で、周囲の精神力が弱い者を気絶させることができる。この力で倒せるのは、圧倒的な実力差があり、戦うまでもないほど弱い相手である。また、覇王色を持つ者同士が衝突すると、周囲に衝撃が走る。

ONE PIECEの用語一覧 - Wikipedia」より

 

数万人に一人しか見につけることのできない「覇王色の覇気」は王の資質がある人しか身にまとえないと言われています。それほどすごい覇気なのです。

 

ちなみに主人公のルフィは「覇王色の覇気」を身につけています。

 

 

☆☆☆

 

 

「覇気がない」とは言われますが、「すごい覇気だね」とはなかなか言われません。

 

また、実際に「覇王色の覇気」があったらすごいことになりそう。

 

ただ、職場やプライベートで全身から威圧感や殺気がみなぎっていたら、ちょっとまわりから引かれてしまいますね。

 

私が歩くと、まわりの人が気絶したり、すごい威圧感を感じたら、友だちが減ってしまいます(笑)

 

そこで私としては「覇王色の覇気」とはちがう「みっちー色の覇気」というのを身にまとうことにしました。

 

「覇気」というのはその人の気配であったり、気合であったりするわけで、言い換えるとオーラみたいなものです。だから私独特のオーラが身にまとえれば、それが「みっちー色の覇気」というわけです。

 

私らしさといえば、よく言われるのは

 

「やさしい」・・・言ってて恥ずかしいな(笑)

「心が広い」・・・「やさしい」と変わらないな(笑)

「怒らない」・・・いや、内心怒っていることもあるな(汗)

 

ということです。

 

やさしいオーラを身にまといながらも、ふにゃふにゃしてなく存在感があるって感じかな。

 

いい例があまり思い浮かばないけど、「北斗の拳」のトキみたいな存在かも。

 

はっきりとは説明できませんが、私らしさのオーラを身にまとうということ、それが「みっちー色の覇気」になっていくはずです。

 

 

☆☆☆

 

 

今回は、ちょっと変なことを考えてしまいました。最初は「覇王色の覇気」を身に着けたいと思っていたのですが、実は「自分らしいオーラ」を身につけるべきだという結論に至ったのです。

 

「覇王色の覇気」を得るよりももっと大切なこと、それは誰かのコピーではなく、自分の考えや自分らしさをしっかり持っている、そういう人間になるべきだということです。

 

そこで「みっちー色の覇気」を身につけようと思ったわけです。

 

「みっちー色の覇気」は75億人に一人が身につけることができる特殊な覇気で、使えるのは世界でただ一人!

 

自分らしさ、今後も追求していきたいですね。