もーとしだぁ.com 

40代を楽しく生きるために!

「最善観」という価値観が、人生において、いつも私を助けてくれる

 

以前、こんなブログを更新しました。

www.motoshidaa.com

 

 

その中で

負けたからこそ今の私ができた

 

負け組こそ味わえる、この成長感

 

と書きました。 

 

これは、たとえそのときは負けたとしても、結果としてよい方向に向かっているという考え方です。

 

実は、私の根底なる考え方に「最善観」というのがあります。

 

これは、森信三氏から学んだことばで、この本を読んで初めて知りました。

修身教授録 (致知選書)

修身教授録 (致知選書)

 

 

森信三氏は「最善観」を「私自身の人生に対する根本信念の一面」としたうえで、こう言っています。

わが身の上に起こる事柄は、そのすべてが、この私にとって絶対必然であると共に、またこの私にとっては、最善なはずだ

 

先日のブログ

人生の負け組ですが、その負けは成長の糧になった - もーとしだぁ.com

も、この考えが元になっています。

 

負けたら悔しい、しかし負けたからこそ得られる何かがあるはずです。そして、それは今、この時点で最善の結果なのです。

 

失敗も同じです。

 

私は、過去に数多くの失敗をしていますが、失敗したことはそこらへんに置いとくことにしています。

 

過去のことなど変えられないし、いつまで引きずっていてもしょうがないからです。

 

また、失敗は成功への過程に過ぎないと思っているので、失敗してもそこから何かを学べばよいだけです。

 

ブログにも書いた通り、私は結婚しようと思っていた女性にフラれてしまったことがあります。その時はかなりクヨクヨしたし、後悔しました。

 

しかし、今はそこから学んだことが多いです。

 

自分が気にしかなかった自分自身の性格のこと。あまり気をつけなかった言動。相手に対する思いやり。将来のこと。

 

自分がそれほどとは思っていなかったことが。彼女にとってはけっこう重かったことに気づかされました。

 

そうやって私は学びを得たのです。

 

かつて失敗を恐れてばかりいた私は、挑戦することができず、何も成長しませんでした。

 

何事も一歩踏み出せず、躊躇してるばかりの人生でした。

 

今は失敗してなんぼと思っています。やりたいことをやって、失敗して、またやっていくでしょう。

 

そして、その結果は最善だと思っているので、くじけることも後悔することも全くありません。

 

「最善観」という価値観を私は持っていますから。

 

これから先もいろんな試練や嫌なことが待ち受けているでしょうが、「最善観」という価値観を持っているからダイジョブそうです。

 

そういった根本的な価値観を持っていると強いですね!

 

過去のことでクヨクヨする人は、「最善観」という価値観を持つとよいでしょう。きっと何事もいい方向に考えられるようになると思います。