もーとしだぁ.com 

40代を楽しく生きるために!

腹が立ったときは、超サイヤ人になるのがよい

会社の人から、仕事上で屈辱的なことを言われ、とても腹が立ったことがありました。
 
内容はちょっと言えないのですが、要するに「売上が低いからおまえには金をかけない」ということです。
 
そのとき私が思ったことは
 
「はぁー、おまえ頭悪いんじゃないの???」
「どういう計算したらそうなるの???」
「人の話、しっかり聞いているの???」
 
ということ。
 
まあ、これらはまだいいんですけど、次第に私の中の心の声が
 
「ふざけんなよ(怒)」
「バカじゃねぇ(怒)」
「仕事やめろよ(怒)」
 
と、明らかに誹謗中傷っぽくなってきてしまいました。
 
客観的に自分を見ると最低人間以外の何物でもありません。
 
でも、怒ってるからしょうがない!
それくらい言わせてくれ(笑)
 
:あくまでも私の心の中の声です。
 
 
それにしても、怒ったまま仕事をしてもうまくいきません。イライラしながら仕事をしてもイライラしっぱなし。ちょっとうまくいかないことがあると吠えたくなります。
 
腹が立ってしまったときに、放っておいてはいけないなぁとつくづく感じます。
 
 
よくありますよね、仕事をしていて腹が立つことって。
 
では、こんなときどうしたらいいんだろう?
 
私は2,3年前にプロコーチからコーチングを受けていました。そのときに「イライラしたらどうすればいいのか」という相談をしたところ、
 
今の自分の姿を自分で想像してみるといい
 
と言われました。
 
これは客観的に自分自身を見つめることです。メタ認知ってやつですね。
 
 
メタ認知というのはウィキペディアによると
メタ認知(メタにんち)とは認知を認知すること。人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。
と説明されています。
 
自分自身を客観的に見つめることができると、案外冷静になれるものです。
 
「あ、オレいま怒ってる」
「ちょっと怒りすぎでしょ」
「なんで、そんなにムカついてるだ」
 
と、一歩引いて自分を見てみることでだんだん冷静さが取り戻せます。
 
メタ認知能力が低いと、感情のおもむくままに行動してしまったり、思い込みが激しくなってしまったり、「自分だけが・・・」と考えてしまったりするらしいです。
 
そうならないためにも日頃からメタ認知能力を高めていきたいものです。
 
 
☆☆☆
 
 
さて、今回腹が立って私がどうしたかというと、この怒りを仕事にいかそうと考えました。
 
怒りはすごいエネルギーを高めます。瞬間湯沸かし器みたいにすぐに熱くなることができます。怒りをうまく使わない手はありません。
 
 
例えばプロレスラーのアントニオ猪木
 
彼は、やられっぱなしのときに、形成を逆転する技がありました。
 
それは自分の拳を相手の顔面に叩き込むという技です。技というにはあまりにも単純な、ただのグーパンチですけどね。
 
でもそれはアントニオ猪木が使うと「鉄拳制裁」という技になります。さんざん痛めつけられた時、怒りが高まってきて使う技です。その結果、形成が逆転し、勝利に向かっていけるわけです。
 
怒りはパワーを生むわけですね。
 
 
マンガ「北斗の拳」のケンシロウも、怒ったときのパワーはすごいですね。怒ったときのケンシロウは上半身の筋肉が異常に膨れ上がり着ていたものが破けてしまうほでです。
(見たことある人、いますよね)
 
やはり怒りはパワーを生むのです!
 
 
☆☆☆
 
 
私も怒りのパワーを使うべく何かになってみようと考えました。
 
怒っていた自分を俯瞰し、客観的に見るのと同時に、怒りのパワーを持ったヒーローになり切ってみるのです。
 
アントニオ猪木でもいいし、ケンシロウでもいいけど、他に何かないかなぁって考えたら、いました。マンガ「ドラゴンボール」のスーパーサイヤ人です。
 
ちなみにスーパーサイヤ人とは
サイヤ人がある一定の条件を満たすと、超サイヤ人に変身できるようになる。
条件は個人によって様々である。
また、その形態により見た目も様々である。

とのこと。

 

マンガ「ドラゴンボール」の主人公、孫悟空サイヤ人です。惑星ベジータという星の宇宙最強クラスの戦闘種族です。そのサイヤ人の中でもある一定の条件を満たすとより強いスーパーサイヤ人になるのだそうです。
 
クリリンフリーザに殺されてしまう場面がありました。それを見た悟空が怒ってスーパーサイヤ人になりました。
 
スーパーサイヤ人に覚醒した悟空の強かったことといったら、もう半端なかったです。あんなに強かったフリーザを圧倒しました。
 
 
そこで、私も想像の中で、そのスーパーサイヤ人になってみました。
 
髪が金髪になり、逆だち、そして、ウィンウィン・・・という効果音がなり、私は本気を出すことにしました。そのあとのスーパーサイヤ人みっちーの仕事ぶりはすごかったです(笑)
 
※あくまでも空想のみっちーです
 
 
☆☆☆
 
 
怒りはものすごいエネルギーを生みます。しかし、本当に怒ったままでは思うように力を発揮できません。まずは冷静に自分を見つめなおす必要があります。メタ認知能力で自分を客観的に見てみるのです。
 
そして、あとは自分をヒーローか何かに置き換えて行動するのがいいと思います。映画やドラマの主人公でもいいと思います。
 
私の場合、怒りのためスーパーサイヤ人に覚醒した悟空みたいな感じになることを想像してみました。
 
自分をコントロールすることってとても大事だと思います。
 
これから何かにムカついたとしても上手に対処していきたいものですね。
 
何かにムカついたときはスーパーサイヤ人になって仕事をがんばってみることにします!